大波小波

お久しぶりです。

ふるかわまみです。

 

思えば、ちょうど一年前の今頃、私たちは大きな決断をしたのでした。

 

築50年の古川パン工場の建て替えです。

 

金沢より珠洲に嫁いで今年で18年目を迎える私ですが、初めてパン工場の3階に上がった時、荒れ果てた空間を目にした時から

 

「いつか、私がこのパン工場をなんとかせねば。。。」と心に誓ったのでした。

 

不思議なもので、人間は自分が吐いた言葉と思考で今現在の自分が成り立っています。

 

もう無理。何をしてもだめだ~と諦めたなら、そのとうりの未来になり。

逆に、絶対大丈夫という自信を持ち、夢や志を持ち続ければ、始めは同じ状況にいたにも関わらず、夢に向かって矢印が動き出すのです。

 

とはいうものの、夢が大きければ大きいほど、越えても越えても、次から次へと高いハードルが出てきて。。。それでもあきらめることなく飛び越えて。。。この7年間でどれだけのハードルを越えてきたか分かりません。

 

当時の珠洲では珍しくいろんな用途で市民に愛された建物ですが、それだけに謎めいた建物でもありました。

 

パン工場の建て替えは、単に建物を壊すという工程ではなく、古川家の歴史の空白を穴埋めする作業となりました。

 

今日の珠洲の海は大波が押し寄せ激しく水しぶきを上げていました。

 

そんな荒海を横目に車を走らせながら、この一年の古川商店のドタバタを思い返し胸にこみ上げる思いをこらえながら

 

「どんな大波だって、絶対に越えてみせる!!」と心に誓い帰路に着くのでした。

 

長い間、お休みしていた「ふるかわまみブログ」毎日覗いてくれてたファンの方。ありがとう。

 

今日から再開!